成年後見の手続き

お寺

高齢化社会を迎え、高齢者の数は飛躍的に伸びています。その中で核家族化も進んでおり、一人で暮らす高齢者も珍しくありません。しかし、高齢になると判断力もなくなってきていて、一人で契約などを行うことに不安を覚えたり、犯罪に巻き込まれる恐れも出てきます。 それを防ぐために成年後見という手続きがあります。この成年後見の手続きをしておくことで、重要な契約などについては後見人を通して行うことになるため、安心感が高まるというメリットがあります。今後の日本には特に必要とされるのがこの成年後見手続きとなるでしょう。 しかし、成年後見手続きは裁判所がかかわるなど、簡単にできるものではありませんから安易に考えないよう注意しましょう。そのため、司法書士などに相談して行うようにしたいものです。

成年後見の手続きの話題が大きくクローズアップされてきています。 成年後見とは、何らかの事情により、貯金や有価証券、土地や家屋などの不動産などの財産の管理能力の欠如などが認められる場合に、本人に代わってその管理などを行うものであり、その手続きを、代行するのが、司法書士などです。 昨今における日本では、課題ともいわれる高齢化社会の到来により、この成年後見の手続きの需要が増加傾向にあるのが現実であります。最近では、成年後見人であることを悪用し、資産などを横領するという事例も発生しており、手続きには、より慎重さが求められています。とはいえ、成年後見人の必要性は今後も増していくことが容易に推測されることから、注目が集まります。